ブログ

人間関係で常に戦っているあなたへ。人は何と戦うべきなのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

みなさまいつもお世話になります。

苦しい《開拓型営業》をやめて

自然に人が相談に集まる《来店型営業》に移行する専門家

平野コンサルティングオフィスの平野です。

 

 

突然ですが、人間関係ってみなさんいかがですか?

関係作りが得意な人もいれば

苦手な人もいることでしょう。

 

 

私はどちらかというと人間関係を構築することが苦手で

もう長いこと悩んでいます。

自分が考える正しさから大きく外れる人が戦いを挑んできたら

つい戦ってしまうんですよね。

最近は表に現れないくらい冷静に対処できるようになりましたが

内面では穏やかではないです。

 

今日はそんな時に何と戦うべきなのかをお話していこうと思います。

 

 

キッカケは人間関係のトラブルでした。

実は私、今から5ヶ月ほど前に、ある人物と人間関係のトラブルで

Facebook上で友達申請を解除してブロックしたことによって、

なぜか色々影で文句を言われていたらしいです。

それがきっかけで人も何人か離れていきました。(良い経験です)

 

 

当時運営していたコミュニティで

度々人間関係のトラブルを起こす彼と

相互理解することで問題を食い止めようと

度々彼を呼び出して話し合っていました。

しかし、彼は『自分の何が悪いんですか!』といつも逆ギレしてしまって

それ以上話し合いになりませんでした。

 

さすがに周りにとって良い影響は無いなと思い

三度目の話し合いの後に

もうこの人は残念ながら足切りさせていただこうと思い

コミュニティを出入り禁止にすることを告げ

友達申請も解除させていただきました。

 

それから5ヶ月経っても未だに根に持たれているとは。

本当は私のこと好きなんじゃないか?とも思います。(相手はメンズです・・・・)
そして、そんな人の子守りをしているほど私は暇ではない。

 

 

金光サリィさんのセミナーに被害者という認識を知る。

先日、黒猫思考で有名な金光サリィさんの心理学のセミナーで

被害者意識の人は加害者を外部に立てることで
心の安定と自分の正当性を主張しようと
するということを学びました。

つまり知らないうちに加害者にされている人がいるということ。

それを学んだ直後に
まさにそういう被害者ヅラの人に自分が
未だに加害者にされていることを知り、

面倒臭いなぁと思うと同時に
ちょっとイラっとしましたが、
まあ、よく考えればそんな人には、常に人の先陣切って動いていれば

出会ってしまうことも折り込み済みでなくてはならないなと冷静になりました。

そして、この先もっと前に進めばもっとたくさんの困難が待ち受けていることを

覚悟しておかなくてはならない。

 

 

人間関係の足切りラインも設定する必要があるが、戦ってはいけない。

問題行動を起こす人を

こちらも頭ごなしに否定をしたり

理由も無く人間関係を足切りはしないが
何度かこちらから相互理解しようとして
無理だった時には足切りが必要な時もあるし

コミュニティなど組織運営の場合、

周りへの迷惑を考えた場合に切らねばならないこともある。

 

徹底的に戦うこともできるだろうが

戦いに戦いで挑み返しても

だいたい良い結果にならない。

どちらかが勝ち、どちらかが負けても

そこに必ず何かしらの遺恨が残る。

戦争が良い例ではないかと思う。

最低限向き合って相互理解へ向かい

それでもダメなら華麗にスルーするしかない。

 

これから人の上に立とうとしている人や

すでに立っていて悩んでいる人は
よく聴いて欲しい。

確かに問題行動を起こす個人も悪いが
集団行動の場合、敵はその個人ではない。(敵・味方という言い方も良くないが、適切なワードが見つからない)

 

組織運営のなかであなたたちが戦わなくてはならないのはネガティブな集団心理。
そして価値感が違うことを承認ができない人間のエゴだ。

 

 

 

みんなが多様性を受け入れられる方向へ導いていく方法や

ビジョンを浸透させていく方法が
当時の自分には見つけられなかったため
自分はコミュニティ運営を退くという選択をしました。

いや、コミュニティでそれを見つける苦労よりも

本来自分がこだわりもってやっている仕事のほうで

人の役に立つことに時間とエネルギーを割くほうが、

当時の自分には価値を見出せた。

 

 

どちらに自分自身の限りある時間とエネルギー、自分の人生を賭けるべきか。

結果として当時運営していたコミュニティよりもビジネス一本で生きていこうと決断できた。

でも疑問は残る。

 

それは根本解決になったのか?

自分の選択は根本解決になったのか?

 

答えはNOです。

 

やはり、組織運営において、皆が多様性を受け入れられるような導き方の
具体的な方法を編み出す必要を最近感じる。

自分は何とどう戦うべきか。
みなさんもその解をぜひ求めてみて欲しい

 

自分は最近自分の心の中と向き合う必要性を感じています。

本当に自分の選択や価値感は正しいのか?

周りにとって良い影響を与えることができるのか?

みんなを導いていくためには

何を発信すればいいのか?

敵はなんだ?

何とどう戦えばいい?

みんなと何をどう調整していけばいい?

 

本当に自問自答の毎日です。

 

 

しかし、これだけは言えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちゃんと答えが出たら

 

 

 

きっと多くの人から好かれる人間になれるはず。

 

 

 

だからそこ目指そうよ!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

長文最後までお読みいただきありがとうございましたm(_ _)m

 

 

▼ 無料で学べる動画講座 ▼
 
「12ヶ月でお客さまが自然に集まり【MDRT会員基準の実力】を身に付けられる7つのステップ」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 相続案件で生保営業マンと組みたいけど組めない士業の本音
  2. 成果が出てないなら、まずはとにかく動け!
  3. 誕生日のお祝いランチで本気のおもてなしを受けてきた!
  4. 2015年のテーマ
  5. 仙台周辺の外資系生保営業マンの方へ!クチコミ紹介が起きるようにな…
  6. MDRTになるような生保営業マンは紹介入手の時に何を伝えているの…
  7. コンサル業をしていてわかった「成果の出るクライアント」「落ちてい…
  8. SEOのプロによる奇跡のSEO効果!!生姜+炭酸水⇒マーケティン…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP