スモールビジネスこそ『ポジショニング』を大事にして欲しい3つの理由②

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ポジショニングの絞り込み

みなさんこんにちは。

平野コンサルティングオフィスの平野です。

 

以前『スモールビジネスこそ《ポジショニング》を大事にして欲しい3つの理由①』という

記事にて、ポジショニングが大事な主な理由は3つあります。というお話をさせていただきました。

 

ちなみに三つの理由は以下のようになっています。

理由①~スモールビジネスこそマーケットニッチャーのポジションに絞り込み、集中型戦略を行うことが有効だから

理由②~ポジショニングマップ上でスモールビジネスならではの最強の変数『見込み客との関係性』が強く作用するから

理由③~紹介マーケティングが主軸になるスモールビジネスにおいてポジショニングの確立がクチコミ紹介の肝になるから

 

今回は理由②のお話をさせていただきます。

 

【ポジショニングマップ上でスモールビジネスならではの最強の変数『見込み客との関係性』が強く作用する理由】

マーケティング基本戦略STP

・セグメンテーション

・ターゲティング

・ポジショニング

と三つのセクションに分かれていますが

その中でも私が特に重要視するのがポジショニングです。

おそらくビジネスの成果の半分くらいは

このポジショニングにかかってくるのではないかというくらい

とても重要な項目だと言えます。

 

『ポジショニング』の役割って?

ポジショニングをざっくり簡単に説明させていただくと

『マインドシェア獲得のためにターゲットに響く

商品(サービス)の打ち出し方や位置づけを決める』ことではないでしょうか。

 

X__夜活塾 B to C対個人向け対面営業でトップセールスになる

 

もっとわかりやすく言えば

『〇〇の専門家と言えば△△さんが第一人者』と言われるようになれば

相談ベースの紹介や問い合わせがいただけますよね。

こういう状態に持っていくことがポジショニングの役割だと

今はざっくり思っていてください。

 

 

※丸の内OLの間で、今一番飲みに行きたい男と言えば平野だ!って言われるようにがんばりますm(_ _)m

 

 

それで、このポジショニングを作り出す手順を

大まかに3つに分けていきます。

 

①ポジショニングマップの作成

②ポジショニングの絞り込み

③USP戦略

 

と、一旦こんな感じに大まかに分けていきます。

 

ポジショニングマップに入れ込む変数は無限にあるが、スモールビジネスならではの最強の変数は・・・・

こっから今日の本題なんですが(なげえよ・・・・・)

ポジショニングマップってやつがあります。

グーグル先生なんかで検索すれば

たくさん出てきます。

 

縦と横の軸に様々な変数を持ってくることで

自分の参入しようとしている市場での

競合達のターゲットや価格帯や商品特性の位置づけなどが

一目でわかるようになります。

 

アイスクリームの場合だと縦軸に大人向けと子供向けで年齢層によって分けたり

横軸にバータイプとカップタイプという具合に形状でわけたりします。

ビールだったら爽やかさとか苦味とか、キレとコクみたいな

ちょっと抽象的な表現になるかもしれませんね。

本当に様々な変数を自由に当てはめてマッピングをすることができます。

 

X__夜活塾 B to C対個人向け対面営業でトップセールスになる

 

そこで、スモールビジネスの場合にどんな変数を持ってくると有効かと言いますと

ずばりそれは『関係性』になります。

 

 

平野の例

なぜこの関係性が大事かと言いますと

自分の例で説明させていただきます。

 

『スモールビジネス立ち上げるのでまずは大前研一さんにコンサルお願いしたいです。』

 

こんな人そうそういませんよね?

 

じゃあ、そういう人が誰に相談するかを考えた時に

まったく面識も関係性も無い外部のコンサルに相談に行くかというと

それもあんまり無いパターンだと思います。

 

それではどうやってコンサルタントを見つけるか!

『私の知っている限り身近な人の中で平野がこのジャンルには一番詳しいから、まずは平野に相談してみよう』

と思われるパターンが多いです。

そして、僕のところへメールや電話で相談が来て

実際に会って現状を聞かせていただいて

必要とあらば予算感など相談の上でコンサルに入らせていただくという

感じが一般的なのではないでしょうか。

 

周りの人の生活圏や人付き合いの中で一番を目指そう

スモールビジネスの場合、市場全体や、全国的なシェアを奪いにいかなくても

正直な話、ビジネスはまわっていきます。

自分の場合、一番の収入の柱である個別コンサルティングのクライアントが

常時20名いれば余裕で生きていけます。

それって、自分の生活圏で出会う人たちの範囲で充分といえば充分ですよね?

 

そこからちょっと広げたって東京23区内だけで充分ビジネスは成り立ちます。

 

では、その限られた範囲で自分を選んでいただく鍵になるもの

それこそが今回お話させていたいた『関係性』という最強の変数であると私は考えています。

 

関係性がしっかりと構築されていて

ポジショニングの絞り込みやバリュープロポジションが

明確であれば、あなたのところへ相談や紹介が集まるようになってきます。

 

関係性があるからこそ

より確度の高い紹介がいただけます。

 

やはり良いビジネスは人と人の繋がりから生まれます。

周囲のみなさまとのより良い関係性構築を目指していってみてはいかがでしょう。

 

私も丸の内OLとのより良い関係性構築を目指して・・・・・・・・・いやなんでもないです。

 

みなさま今日も一日お疲れさまでしたm(_ _)m

 
「6か月でお客さまが自然に集まり【MDRT会員基準の実力】を身に付けられる7つのステップ」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. あなたの言葉や文章、理想の相手に刺さってる?~あなたのプレゼン、…
  2. クチコミ紹介のキーマンが増える事例~平野の場合①
  3. なぜ新規開拓型の営業が大変なのか~あなたのビジネスが選ばれない理…
  4. ポジショニングの浸透で狙ったターゲットからの相談を増やそう!
  5. 大規模なリスト集めが必要なビジネス。それって再現性あるの?~血の…
  6. クチコミ紹介のキーマンが増える事例~平野の場合②
  7. スモールビジネスこそ『ポジショニング』を大事にして欲しい3つの理…
  8. クチコミ・紹介が起こる動きとあえて逆のことをするとどうなるでしょ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP