ブログ

『マインドシェアとマーケットシェアは連動する』というお話

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

みなさんおはようございます。

平野コンサルティングオフィスの平野です。

 

 

今朝は

『マインドシェアとマーケットシェアは連動する』

というお話をさせていただきます。

 

 

 

 

昨日のちょっと長い投稿では

B to C対面セールスにおいてマーケティングが

とっても重要だというお話をさせていただきました。

 

 

その中で『プロポジションを確立し、マインドシェアを築くことが必要』という

お話をさせていただいたのですが

すっごく簡単に表現すると

『周りの人の頭の中で〇〇の専門家と言えばあなただと想い出してもらえる状態』です。

 

 

平野の場合で言えば、周りの人達が

『営業で困ったら営業の専門家の平野に相談したほうがいい』

『営業=平野』

『平野と言えば⇒営業の専門家』

『営業と言えば⇒生保レディ!』

『生保レディと言えば平野・・・・・・・・』いや!ちょっと違うぞ!!!!

 

 

という感じで、最後の生保レディは関係ありませんが(個人的な趣味です)

『営業の専門家=平野』という図式がここ2年くらいでやっと周囲に浸透してきました。

nounaijibun

脳内メーカーで言えば

あなたの専門家としてのポジションを表現する文字が

みんなの脳内にいっぱいになっている状態。

ちなみにこれは僕の頭の中です。

Hでいっぱいですね!

 

 

 

みなさんにとって身近でわかりやすい事例があるので

紹介させていただきます。

 

 

 

バンドエイドってご存知ですよね?

グラフィックス1

 

ジョンソン&ジョンソンから発売されている

絆創膏の代名詞となっているアレです。

みなさん手を切ってしまった時などによく

『誰かバンドエイド持ってませんか?』

みたいなことを周りの人に聞きませんか?

もしくは、周りの人から

『私のバンドエイド使って!』

みたいな感じで言われませんか?

 

 

絆創膏ではなく『バンドエイド』っていう人けっこう多いですよね?

実は、これこそがマインドシェアの上位を占めている状態なんです。

 

 

一般的に『マインドシェアNo.1 =マーケットシェアNo.1』と言われていて

よほどのことが無い限り、この図式は覆らないと言われています。

 

 

まあ、バンドエイドはスモールビジネスの場合とは市場規模があまりにも違うので

あまりピンとこないかもしれませんが

みなさんのビジネスが自分の生活圏や友人・知人・そのまた知人くらいの

範囲で、マインドシェアの上位を獲得できたら

あなたのビジネスはいったいどのように変化すると思いますか?

 

 

きっと今よりもっと安定的に相談ベースの確度の高い紹介をいただけますよね?

 

 

あなたのビジネスを周りの人達に印象付けて

マインドシェアの上位を獲得する方法を

明日の投稿で少し触れてみたいと思います。

 

ポジショニング戦略ってやつですね。

たぶんここから数回はポジショニング関係の

お話が続くと思いますので、楽しみにしていてくださいね。

毎日少しずつでもみなさまのお役に立てたら嬉しいです。

 

ではでは、今日も良い一日を!!

▼ 無料で学べる動画講座 ▼
 
「12ヶ月でお客さまが自然に集まり【MDRT会員基準の実力】を身に付けられる7つのステップ」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 営業マンのための【 クチコミ紹介の破壊力 】をお伝えするセミナー…
  2. あなたのビジネスにクチコミ紹介が起きてない時に読むブログ②~クチ…
  3. マーケティングが上手くいっても油断しちゃダメ。自分の商品・サービ…
  4. なぜ新規開拓型の営業が大変なのか~あなたのビジネスが選ばれない理…
  5. クチコミ・紹介が起こる動きとあえて逆のことをするとどうなるでしょ…
  6. ブログの力って凄い!~福岡の外資系生保営業マンが東京まで会いに来…
  7. スモールビジネスこそ『ポジショニング』を大事にして欲しい3つの理…
  8. スモールビジネスこそ『ポジショニング』を大事にして欲しい3つの理…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2013年 6月 25日

PAGE TOP