B to C対面セールスにおいて、なぜマーケティングが重要なのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

みなさんこんにちは。

平野コンサルティングオフィスの平野です。

連続投稿4日目。

出来る限り続けていこうと思います。

 

 

今日の投稿では昨日の記事の続きを少しお話させていただきます。

昨日はB to C対面セールスのプロセスにおいて

マーケティングがとっても重要だというお話をさせていただきました。

 

どれくらい重要かというと

AKB48における秋元康先生くらい重要なんです(AKBファンにしかわからない世界ですね)

middle_1254537810

 

 

結論から言って、売る側と買う側の双方の貢献度と満足度を

最大化して交換できることがマーケティングを取り入れる最大の目的です。

わかりやすく言えば、すっごい困っている人に

すっごい役に立つ解決策を提供できればとっても喜ばれますよね?

そんなイメージです。

 

 

先日の朝活セミナーの例でお話させていただきます。

 

 

お世話になっている六本木の不動産屋さん(小沼社長いつもお世話になっております)で

コミュニティ運営についてのセミナーを開催させていただいたのですが

その時に朝の7:20スタートというなかなか高いハードルにもかかわらず

30名を越える参加者の方にお集まりいただくことができました。

 

 

 なぜ朝のこの時間帯にこれだけの人数の方に集まっていただけたのか。

実はここがポイントなんです。

980007_415220731919536_235228108_o

(コミュニティ運営者セミナーの様子)

 

セミナーの場合と対個人対面セールスでは

状況が違うのではないかと思われますが

基本はほとんど変わりません。

『誰のどんな緊急かつ重要な悩みに対してどのような解決策を持った専門家の誰さんに相談するべきか。どうやったら相談できるのか?どんな話を聞けるのか?』

 

このあたりが明確になっていれば、あとは情報発信のためのチャネルをどれだけ持っているかにかかってきます。

悩みが切実であり、聞ける内容に強い価値と期待を感じていただければ

多少朝が早いくらいはそれほどの障壁になりません。

 

おそらくそれほど重要性や緊急性を感じていなかった方は

朝早いという障壁の高さから、参加を見送っていたはずです。

 

 

今回のセミナーの場合はコミュニティ運営者がコアターゲットで

サブターゲットにこれからコミュニティを運営してみたい人を想定していました。

マーケティングと人間関係改善の為のコミュニケーションのことを重点的にお話すると決めていました。

 

【誰の】

■コミュニティ運営している人・してみたい人

【今抱えているどんな悩みや問題に対して】

■コミュニティが大きくならない。盛り上がらない。人間関係の悩み。

【参加者の願望】

■コミュニティを大きくしたい。良好な人間関係を築きたい。たくさんの人に知って欲しい。

【どんな専門家が?】

■自身でコミュニティ運営を成功させた経験のある、セールスマーケティングの専門家が。

【どんな話を?】

■初期の頃の失敗経験から学んだことや、コミュニティを発展させたマーケティング的なノウハウの話。人間関係の話など。

【参加するとどうなる?】

■即使えて再現可能なノウハウばかりなので、参加した方はすぐにご自身のコミュニティ発展に活用できる。

⇒結果、人間関係の改善や、コミュニティの成長発展が加速する。

 

という感じでターゲットとコンセプトをわりとしぼっていったので

今悩んでいる人やもっとコミュニティを成長させたいという前向きな人がたくさん集まってくださいました。

 

じゃあ、これがあなたのビジネスならどうなる?っていうお話です。

 

あなた自身が周りからどう認識されているかで

ビジネスやセールスの成果は変わってきます。

 

 

 

あなたは

『〇〇の専門家と言えば△△さんが一番!』

とか

『〇〇で困っていたら△△さんに相談してみたほうがいいよ』

という感じで紹介していただける状態になっているでしょうか?

 

『△△さんは何かよくわからないけど色々やっている人』

なんて思われていませんか?

 

これはダメなパターンです。

よくわからない名刺をたくさん使いわけているような人もダメなパターンです。

 

 

 

『専門家たれ!』ということを意識しながら

『〇〇のことについて相談したい』と言われるようになれば

自然と確度の高い良質な紹介が集まってきます。

むしろ、そうならなくては来店型セールスにいつまで経っても移行できません。

売り手も買い手も辛く苦しい押し売りセールスを続けていくしかないのです。

 

 

周りの人達から見て

あなたがどのようなプロポジションを築き

どのような位置づけでマインドシェアの上位に食い込めるかが重要なのです。

そこが無くして『〇〇のことについて相談したい』や

『〇〇について悩んでいる人を紹介させてください』という

紹介や相談が集まってくることは無いのです。

 

 

来店型営業に移行することで

たくさんの相談ベースの紹介が会い切れないほど集まり

あなたの専門性を活かして

多くの方のお役に立つことが可能になります。

これはとても貢献度の高いことなのです。

その状態になるためにも世のB to Cセールスマンたちには

マーケティングの知識がとても重要なのです。

 

とても大事なことなので

熱が入ってしまい、少し長くなりました。

 

 

マーケティング、とっても重要なので

ぜひ一緒に勉強していきましょう!!

 

今日の投稿が役に立ったと思ったらシェアやいいねをしてくださると嬉しいですm(_ _)m

長文にもかかわらず最後までお読みいただきありがとうございました!

 
「6か月でお客さまが自然に集まり【MDRT会員基準の実力】を身に付けられる7つのステップ」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 売ることを手放す勇気:刀を鞘におさめよ!
  2. 自己中営業マンよりも、ホスピタリティ溢れる営業マンが選ばれる理由…
  3. 【16名限定!】おもわずうなずく納得のわかりやすさ!現役コピーラ…
  4. 素直な人ほど成果が出る。わかっちゃいるけど・・・・・・・・素直さ…
  5. 《選ばれる理由》×《習慣化の力》により、紹介が集まり6ヶ月で営業…
  6. 何も無くてもできることをまずはしっかりやれるようになろう!
  7. アプローチ段階で営業工数を増やさない工夫があなたの先生ポジション…
  8. マーケティングが上手くいっても油断しちゃダメ。自分の商品・サービ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP